灼眼のシャナ

電撃文庫ムービーフェスティバル

電撃文庫ムービーフェスティバル見てきました 目的は灼眼のシャナ よくまとまっていてなかなか見ごたえがありました 感動ものです 微妙に作画がーなシーンもありましたがね キノはまぁ普通 いぬかみはオタク向けねた満載 ちょっとやりすぎな感じ ついでに電撃劇場文庫なるものを買ってきた 劇場限定で上記三作品のセットです 灼眼のシャナMはとかが入ってます

灼眼のシャナ 1

小説の灼眼のシャナの1巻です 原作です 通勤時間に読みました。 現在7巻を読んでる途中 さて1巻ですがシャナと悠二の出会い そしてフリアグネとの戦い ということで基本的にはTVアニメと一緒です ただし最後の落ちが違う なぜ違うかはTVアニメを最後まで見ればわかります あぁそういうわけかと ライトノベルなんで通勤電車でもなんとか読めるのでお勧めの一品

灼眼のシャナ 第21話 ちょっと変ですよ

今週の灼眼のシャナを見ていたら違和感を感じた もちろん存在の力を感じたとか、現実世界に違和感を感じた類ではない カット構成の違和感を感じたので検証してみた やはり明らかにおかしいシーンが有った 夜笠にしまったはずの贄殿遮那が手に有るというもの きっと探せばいっぱい有るんだろうなこういうのは